WORK STYLE REFORM

当社では働き方改革を加速させることを目的に、「働き方改革アクションプラン」を2018年に策定しました。
長時間労働の是正、年次有給休暇の取得推進、テレワーク、スーパーフレックス制度の導入による自律的で柔軟な
働き方の促進に取り組み、「付加価値を生み出すメリハリのある働き方」を追求しています。

月間法定時間外平均

10時間

5年間平均(2017年-2020年)

WORK STYLE 01

長時間労働の是正

住友商事では、従来より「やる時はやる」、「休む時は休む」という「メリハリある働き方」を推進してきました。ビジネス自体が多様化・高度化している中、業務の状況やあり方も一様ではなく、一律定量的な労働時間の削減の管理はそぐわない一方、長時間働くことで必ずしも成果が出る時代ではなく、グローバル競争の観点からも「付加価値を生み出す働き方の追求」を全社一丸となって目指していきます。

年間有給休暇取得日数

15.7

5年間平均(2017年-2020年)

WORK STYLE 02

休暇の取得促進

住友商事では「メリハリある働き方」の推進を通じて、限られた時間で高い成果を出すための生産性向上を目指しています。アウトプット志向の自律的な働き方の更なる実践に向けて、2020年からは定量目標の設定を行わず、各組織・個人で自己管理とする方針としています。

年間平均出社率

24.5%

2020年度

WORK STYLE 03

テレワーク制度

テレワーク制度・スーパーフレックス制度の目的は、従来の枠にとらわれない自律的かつ柔軟に働く環境を整備し、高い付加価値を生み出すアウトプット志向の働き方を実現することです。自律的かつ柔軟に働くことで時間を積極的に創出し、社員の心身の健康増進、自己価値向上を図り、一人一人の最大限のパフォーマンス発揮につなげていきます。

始業・就業時間

自由に設定可

WORK STYLE 04

スーパーフレックス制度

5:00~22:00のフレキシブルタイムの間であればどの時間帯に始業・終業時間を設定しても構わないこととしています。柔軟な働き方を通して、社員一人一人が自身のワークスタイルを自身でデザインし、マネージしていくことで、組織と個人双方のさらなるパフォーマンス向上につなげていきます。